【感想・レビュー】「一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書」を読んで

未分類
パンダの中のパンダさんによる写真ACからの写真

本日、こちらの本を読みました。

こちらの記事では、
本書について、誰向けの本なの? や 普通の教科書と何が違うの?

といった疑問について、
Amazonのレビューより深く、紹介していきたいと思います。

大学受験では、日本史or世界史で、世界史受検を選択し、
世界史の教科書はボロボロにした経験がありますので、
その経験を活かして、良い比較ができればと思います。

それでは、頑張って書いていきたいと思います!!

超簡単な書籍紹介

この本の特徴は、

既存の教科書とは異なり、
1つのストーリーに基づき、世界史を解説する ことです。

どういうことかというと、
具体的には、下記3点です。

①一般的な教科書とは違い、すべてを数珠つなぎにして、「1つのストーリー」にしている
②「主語」が変わるのを最小限におさえている
③年号を使わない

これらの特徴により、
時代も場所もいったりきたりする既存の世界史の教科書に対して、
全体感の把握により優れた特徴を持っている
教科書と言えます。

下記の図で比較するのが、非常にわかりやすく、
本文中から引用させていただきます。

こちらが既存の教科書の流れです。
「文明の誕生」から、まずは中東の「オリエント文明」がはじまります。
「ササン朝」までは時代の流れに沿って進みますが、
その後、ヨーロッパに場所を移し、時代をさかのぼり、エーゲ文明からスタートします。

つまり、
時代と場所がいったり来たりするのが既存の教科書の流れであるということです。
これにより、世界史の全体感(本書中では「あらすじ」と表現していたと思います)が非常につかみづらく、暗記がしづらいのです。

既存の教科書に対して、
こちらの図が、本書の時代・場所の流れです。

矢印が行ったり来たりしていないですよね。
つまり、繰り返しになりますが、
本書は時代も場所もいったりきたりする既存の世界史の教科書に対して、全体感の把握により優れた特徴を持っている

どんな方にオススメなのか?

ここまでの特徴を踏まえて、
どんな方にオススメなのか?考えてみました。

・世界史が苦手な高校生
・世界史を学び直したい社会人の方

これらの方々にオススメだと思います。

本書の特徴として、
世界史の全体感がわかりやすい、ということは、
先ほどから述べてきました。

すなわち、世界史のどこから手をつけていいかわからない
という方に、オススメの本だと思っています。

そして、そういった方を具体化すると、
「世界史が苦手な高校生」「世界史を学び直したい社会人の方」にオススメと言えるかと思います。

本書を読んだ後の未来としては、
苦手なところ、気になるところをより深く学びなおす意欲が生まれたり、
映画、小説、音楽、美術等でモチーフになっているものが理解できるようになる、という結果が得られると思います!

受検だったら、
本書で、ざっくり内容を理解して、問題集解いてみて、わからないところ、気になるところを他資料集で補うとか。

文化面でいうと、
例えば、こういう映画とかの時代感とかがわかるようになりますね。

グラディエーター : 作品情報 - 映画.com
グラディエーターの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。「ブレードランナー」の巨匠リドリー・スコットが、古代ローマを舞台に復讐に燃える剣闘士の壮絶な闘いを描き、第73回ア...
ただし、文化史や年号は、巻末では少し触れているだけなので、本書ではあまり学習できません。

著者の方の紹介

著者は、山崎圭一(やまさきけいいち)さんという方で、
公立高校教員として、授業をされていたり、
あとは、YouTubeで「Historia Mundi」というチャンネルで授業を公開したりしています。(愛称はムンディ先生)

下記別記事でより詳しくまとめております。
確認してみてください!

【感想・レビュー】「一度読んだら絶対に忘れない日本史の教科書」を読んで

得られる学び

ここからは、
私が社会人目線で印象に残った部分を紹介したいと思います。

「世界史を学ぶことで、新たにこういった気づきが得られるのかな…」

というイメージを持っていただけたら嬉しいです。

年代を簡単に頭に入れるコツ

年代を簡単に頭に入れられるコツがあるのです。本書の第2章にあたる「中東」の年代を軸にして整理すればよいのです。

年号については、扱わないスタイルの本書ですが、
年代感を頭に入れるコツについては、紹介されています。

私も受検で使っていて、思ったのですが、
日本史ですと、平安時代、鎌倉時代、江戸時代…みたいな感じで、
年代の枠があり、大きな軸があります。

この軸は、だれがどの時代に生きたのか、この事件がいつ起きたのか、を
理解するのに役立ちます。

世界史には、わかりやすい軸がないのです。
それでは、何を軸にすればいいのか?

結論は中東世界です。

中東世界は、地理的に、西のヨーロッパと東の中国のちょうど中間点にあります。そのため、中東世界は、他の地域の歴史に「脇役」として頻繁に登場します。したがって、中東世界の知識を数珠つなぎで身に付けるときに、合わせて、年代もセットで頭に入れれば、他の地域の年代もまとめて把握できてしまう

これ、すごくないですか?

最初見たとき、めちゃ感動しました。

人類の戦いの歴史は、非常に、非常に長い

下記は、ネアンデルタール人についての記述です。

ちなみにネアンデルタール人は、
約40万年前に出現した、今の人類の祖先です。

人類として最も古い戦闘の痕跡も残っているので、これから延々と続くことになる「人類の戦いの歴史」はここから始まったといえるでしょう。

人類の戦いの歴史は、40万年前から始まっているのです。

これは言い過ぎかもしれませんが、
私たちの本質の1つとして、「戦う」ということは深くインプットされていることなのでしょう。

「目には目を 歯には歯を」 ハンムラビ法典の意図

「やられたらやり返せ!」という意味にとられがちですが、実際のところは、当時は復讐が過剰になることが多かったため、「正当な程度の復讐をしなさい」「人に与えた害は自分に返ってくるのだから、人に害を及ぼさないようにしなさい」という意味合いがあったようです。 

「倍返しだ!!!」とか、普通にダメですね。

いかがだったでしょうか?

世界史が面白かった方は、
下記、日本史版もいかがでしょうか。

【感想・レビュー】「一度読んだら絶対に忘れない日本史の教科書」を読んで

コメント

タイトルとURLをコピーしました