楽天モバイルのデメリットまとめ!【通信遅い?】【サポート悪い?】

未分類
ラッキーエースさんによる写真ACからの写真

楽天モバイルを使用して、4ヶ月ほど経ちました。

まだまだだなと思う部分が2点ほどあり(何様)
今回は、デメリットをまとめた記事を書いていきたいと思います。

メリット・デメリットの双方を理解して、
できるだけギャップの少ない契約
をしてもらえたらと思います!

…解約金0円なんですぐやめられるんですけどね笑

楽天モバイルのデメリットまとめ!

ポイント配布のミスがあった

先月、実は下記のようなお詫びメールが届いていました。

特典ポイントの配布漏れがあったようです。

私は、ポイント付与のことをすっかり忘れていたので、
「あ、そうだったんだ。」という感じだったのですが、そのあと、
「そういや他の特典ポイントも届いてないな…?」と不安になりました。

楽天モバイルは、大きく3つのポイント付与キャンペーンを行っています。

①対象製品+プラン のセット購入で 最大20,000ポイント
②オンライン上での申し込みで 3,000ポイント
③お申し込み時の事務手数料分のポイントバック 3,300ポイント

※「Rakuten Link」という楽天のコミュニケーションアプリを使用すること等の条件があるので、実際にキャンペーンを利用する場合は十分に条件を確認してください!

今回、お詫びが届いたのは、上記のうちの③についてです。

しかし、ポイント履歴を確認してみると、
まだ、①、②のポイントも付与されていないことがわかりました。

特に①のポイントバックの数字がデカかったため、問い合わせてみることに。

問い合わせは、楽天の公式HPのチャットから問い合わせすることができます。

黄色で囲った「ご契約について オンライン相談」からチャットで問い合わせできます。

問い合わせしても、全然返信がこない…
という口コミをどこかで見ていたので、不安でしたが20分ほどで回答が得られました。

ポイントの付与は、8月下旬・9月下旬のようでした。
失礼しました!!

…といった感じで、後半は少し余談みたいになってしまったのですが、
ここまでをまとめると、
ポイントの付与ミスがあったり、下記のようなミスもあるようで、
まだまだ楽天モバイルは安定していなそうです。

楽天モバイル端末の周波数“無断変更”に夏野剛氏「信頼を得ようとするタイミングでこんな事をしても得られるものがない。凡ミスではないか」(ABEMA TIMES) - Yahoo!ニュース
 「楽天モバイルに対して、この製品の取り扱いの状況について利用者に影響が出ていないかといった観点から、電波法に基づく報告を求めたところだ。必要に応じて厳正に対処していく」(高市早苗総務大臣)。

そのため、ユーザー側も
不当な請求は発生していないか?
正しくキャンペーンのポイントは付与されているか?
色々と、注意する必要があります。

ただし、以下は私の考えになりますが、
新しく何かを始めるときには、ミスはつきものですし、
楽天は、MVNOで実績はあるとはいえ、
ある程度のリスクは許容しないといけないかなと思っています。

でもこのリスクが許容できるのも、
プラン料金0円のキャンペーンを享受しているからかもしれませんね笑

ソフトバンクに同じことやられていたら、即解約していたかもしれません。

楽天回線エリアがまだまだ狭い

先日の記事でも書いたのですが、楽天回線エリアがまだまだ狭いです。

こちらは、関東~関西くらいまでの楽天回線エリアの対応マップです。
(すみません。ほかにも楽天回線エリア対応地域はあるのですが、入りませんでした。)

濃いピンクが楽天回線エリアで、薄いピンクはauが提供するサポート回線エリアです。

楽天の「UN-LIMIT」プランは、
楽天回線エリアであれば、データ通信し放題ですが、
サポート回線エリアでは、5GBまでが高速通信の対象データ容量です。
(しかし、その後も通信速度最大1Mbpsで使用可)

この1Mbpsというスピードは、LINE等のメッセージのやりとりや、WEBページ閲覧(ただし画像が多くない)、マップアプリの使用、音楽アプリ等の使用は問題ないスピードだと思います。
動画は、高画質動画は厳しい可能性があります。ゲームでデータの読み込みが発生する場合も厳しいケースが多いかもしれません。

公式HPでは、「サポート回線エリアでも1Mbpsで使い放題」とありますが、
速度低下について、よく動画を見る方やゲームをやる方は気になると思います。

しかし、下記の記事でもあるように、
楽天モバイルでは、基地局の建設を爆発的なスピードでおこなっているとのこと。

楽天モバイル、基地局設置は「5年前倒しで進行」 21年夏には人口カバー率96%目指す
楽天モバイルは、2021年夏ごろに基地局を2万7397局を設置できる見込み。三木谷社長は進捗(しんちょく)について「5年前倒しで進んでいる」としている。

21年の夏ころには、人口カバー率96%を達成できる見込みとのことなので、
今後のエリア拡大には、大きな期待が寄せられそうですね!

いかがでしょうか?

楽天モバイルには、まだまだデメリットはありますが、
サービスがローンチしたばかり、今なら先着300万名までプラン料金0円
ということを考えれば、許容できるデメリットかなと個人的には感じています。

もしよろしければ、
下記のメリットの記事についても読んでみてください!

楽天モバイルのメリットまとめ!【2万ポイント以上ゲットのチャンスも】

コメント

タイトルとURLをコピーしました