BeatsXをもらいました【音質は?】

Music

退職の際、花束だけではなく、プレゼントをもらいました。

それがこちらのBeatsXです。

ギフト物の値段を見るのはご法度だとわかりつつも、気になる値段を見てみると…
1万円くらいするんですね…
こんなのもらっちゃっていいの… ありがとうございます。

ここ5、6年は、スマホについている付属のイヤホンしか使ってことなかった。
(iphoneのおまけイヤホンと、oppoのおまけイヤホン)

ワイヤレスイヤホンも初です。

ので、そういった類のイヤホンと比較した個人的感想を書いていきたいと思います。

細かい商品スペックとかは書かずに、気になる人が多いであろう、
下記3点のみに絞って書いていきます。

・音質は?
・Androidでも使えるのか?
・そもそもワイヤレスイヤホンのメリットって?

音質は?

音楽を聴くのだから、音質は当然気になるでしょう。

ところが、最初に聴いた時の感想は、
「なんだこのシャリシャリ音は…?」

自分の耳が腐っているか、この製品の音なのかわかりませんでしたが、
おそらく前者だろうと思ったので、使い続けてました。
しかしいまいち、音質が良くなりません。

しかしプレゼントでもらったのだし、見た目おしゃれだし…
なんとかしたい!!

ピンぼけが残念ですが、Beatsのロゴがかっこいいのです。
https://e-earphone.blog/?p=1238679 より引用
首にかけるとこんな感じ

イヤーピースを変えたら、劇的に音が変化しました。

最初からついているもの含め、4種類付属しています。

何回か、これでもないあれでもないとしていたので、
写真が汚く、申し訳ないですが、4種類のイヤーピースが付属しております。

しっくりくるものを装着し、リスニングしてみると音の躍動感に驚きます。

Beatsの中でも、こちらはそこまで低音が強くない製品のようですが、
私はそれでも強く感じました。

しいて言えば、高音と低音の差がはっきりしすぎていて、
少し耳が疲れるような気がしますが、私の耳が今まで安すぎたのでしょう。

うに<<<マックのハンバーガーという感じです。

でも、ド迫力の音質なので、ガンガン使い倒したいと思います!!

Androidでも使えます

Beatsは2014年にAppleが買収した、Apple傘下の製品ですが、
Android端末でも、問題なく使用することができます。

接続の仕方は、普通のbluetooth端末と同じです。

ただし、全てのAndroid端末で使えるかは要確認ですね。
(Oppo RenoA は使えます)

例えば、下記のような記事は購入前に一度しっかり読んだほうがいいかもしれません。

Bluetoothの各バージョン(規格)の違いとは?互換性やイヤホンの選び方も解説 | スマホアプリやiPhone/Androidスマホなどの各種デバイスの使い方・最新情報を紹介するメディアです。
Bluetooth(ブルートゥース)の「5.0・4.2・4.1・4.0」とバージョン(規格)があるけれど、それぞれ違いはあるの?特徴や性能とは?Bluetooth(ブルートゥース)のバージョン(規格)の互換性や、イヤホンの選び方も解説します。

ワイヤレスイヤホンのメリットとは?

まだ、使って2日なので、この部分は徐々に追記していきたいですが、
端末から離れても音楽が聴けるというのは結構便利です。

例えば、家の中でイヤホンしながら洗濯をしたり掃除したり等、作業する場合です。

まず有線が作業中にひっかかりません。

また、最近の端末ってデカくと重いので、
ポケットに入れたまま作業するって結構大変だと思うのですが、
そういう煩わしさもありません。

その他にもメリットがありそうですね。
見つけたら追記していきます。

有線で不自由していないいう人こそ、一度使ったらはまりそうです。
(私がそうなりそうです)

コメント

タイトルとURLをコピーしました