自己分析診断ツール 【無料】

転職
bBearさんによる写真ACからの写真

最近、転職を決めましたが、今日改めて自己分析を行いました。

その時に使った診断ツールが下記です。

無料性格診断テスト、性格タイプ詳細説明、人間関係およびキャリアのアドバイス | 16Personalities

これ、どこにも書いてないですが、ほぼMBTIテストですね。

MBTI - Wikipedia

MBTI(Myers–Briggs Type Indicator、マイヤーズ・ブリッグスタイプ指標)は内省的な自己申告アンケートであり、人がその人自身の世界をどう認識し、物事の決定をしていくのかという点について心理的な選好を表すことを目的としている

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

私が、この診断を結構信用しているのは、
MBTIの、「人がその人自身の世界をどう認識し、物事の決定をしていくのかという点について心理的な選好を表すことを目的としている」という点に共感するのと、4年前と診断結果が変わらなかったという点です。

自己分析をしっかりしたいのであれば、まず、自分がいま生きている世界をどう認識しているのか、また自分の物事の決定基準がなんなのか、根源的な部分を自覚しなくてはいけないのは、納得していただけると思います。

また、私はこの診断を2回テストしました。
①現職の入社当初の研修で ②今日
4年以上、時間が経っているのに、診断結果が変わらなかったのは驚きです。

ここまで読んでいただき、興味が出てきたら、
上記リンクから受験していただければよいと思うのですが、
下記にもう少し詳しい説明を記載していきたいと思います。

診断結果について 16タイプ診断です。

MBTIは、4×4の16タイプの診断です。

MBTIは、一人ひとりの性格を心の機能と態度の側面からみたものです。それらは、「ものの見方(感覚・直観)」と「判断のしかた(思考・感情)」及び「興味関心の方向(外向・内向)」と「外界への接し方(判断的態度・知覚的態度)」の4 指標であらわされ、16 タイプに分類してとらえようとします。

出典: 一般社団法人日本MBTI協会HP https://www.mbti.or.jp/what/what1.php


出典:http://ibunkakukan.blog.jp/16personalities.html より

こういうことです。
4つの特徴の掛け合わせで、16種類にタイプを大別します。

出典:http://ibunkakukan.blog.jp/16personalities.html より

しかし、MBTIは単なる性格診断ではありません。

MBTI(エムビーティーアイ:Myers-Briggs Type Indicator)は、個人をタイプに分類したり、 性格を診断したりすることが目的ではありません。回答した個人一人ひとりが、自分の心を理解し、 自分をより生かすための座標軸として用いることを最大の目的にしています。

出典:一般社団法人日本MBTI協会HP 
https://www.mbti.or.jp/what/

今回、私は転職を考えておりますので、
この結果から、自分の価値観・判断基準を理解し、どの職業が向いているのかなーと考えてみました。

診断結果から考えたこと

私の診断結果は、「INFP」でした。

“仲介者”型の性格 (INFP-A / INFP-T) | 16Personalities

創造的な仕事に向いている。と書いてありますね。
嬉しい限りですが、詩人や作家、俳優は現実的に厳しいです。

また、INFPは、現実世界に適応しづらいタイプのようです。。

INFPが現実世界に適応できず、最も生きづらい性格の原因
MBTI性格診断における「INFP」という性格型が、現実世界で極めて生きづらいことの原因を調査したので分かったことを報告します。INFP型がこの世で生きづらい原因の解説INFP型の生きづらさについての簡単な予備知識 MBTIの全16種類の

そこでどう考えるか?
自分の考え方の癖、趣向を理解することで、重視したいこと(耐えられない)もの・シチュエーションを決めることが大切なのではないかと考えました。

・抽象度の高い仕事。想像力の働きやすい仕事を選ぶ。

・マルチタスクの発生は、どの仕事でも避けられないのかもしれない。が、マルチタスクを素早くテキパキこなすことが能力の証明になる仕事は避ける。

この2点を大切にして、転職活動を進めようと思っています。

自分が創造的な人間であるというつもりはありませんが、
仮説を立てて色々考えるのは好きだったりします。
(しかし、実行に移す腰が重いので、そこは直さなければなりません。

そして、マルチタスクになればなるほど、私はミスするので、
ここが最大の評価基準になってしまうような仕事は避けなければならないと思いました。

こんなことを考えて、現在求人票から応募するかしないかを決めています。

みなさんもこの診断をやってみて、自分の心への理解を深め、
一瞬立ち止まって自分を振り返ってみてはいかがでしょうか?
なんとなく、勇気が生まれてきますよ。

無料性格診断テスト | 16Personalities

コメント

タイトルとURLをコピーしました