Weekly Ochiai 落合陽一”禅・マインドフルネス”を考える 【無料ダイジェストもあり】

未分類
haikukukuさんによる写真ACからの写真

最近、NewsPicksのプレミアム会員になりました。

主な理由としては、
Weekly Ochiai をフル尺で見たかったからです。

Weekly Ochiaiとは何なのか?

「WEEKLY OCHIAI」は、メディアアーティスト落合陽一氏をホストに、各界のゲストを迎えながら新しい知見を得る、NewsPicksの人気動画コンテンツです。

https://www.uzabase.com/jp/news/weekly-ochiai-and-makemoney-to-dtv-channel/#:~:text=%E3%80%8CWEEKLY%20OCHIAI%E3%80%8D%E3%81%AF%E3%80%81%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2,%E3%81%AE%E4%BA%BA%E6%B0%97%E5%8B%95%E7%94%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%84%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82 より引用

では、NewsPicksとは何なのか?

NewsPicks(ニューズピックス)は、「経済を、もっとおもしろく。」を標語に掲げるソーシャル経済メディアである[2]。創業は2015年4月1日。主に日本語圏のニュースを取り上げて日本語で利用できる日本版(本記事で説明)と、米国など英語圏で利用できる米国版の2種類が存在する[3]。

https://ja.wikipedia.org/wiki/NewsPicks から引用

こういった感じです。

NewsPicksという、経済メディア内の1コーナーとして、
WeeklyOchiaiがある…といったイメージでいいかと思います。

本日はその中で面白いテーマであった、
落合陽一”禅・マインドフルネス”を考える について、記事を書きたいと思います。

かなり抽象的な話で、理解が難しかったので、
私なりに、出演者のお話の要点を整理してみたいと思います。

【落合陽一】禅・マインドフルネスを考える(過去回セレクション・期間限定ダイジェスト)


落合陽一”禅・マインドフルネス”を考える

テーマ

今回のお話の主題は下記です。

アップルの創業者、スティーブ・ジョブズも熱心に取り組んでいたという禅、そしてマインドフルネスが今回のテーマです。「人の五感・身体によって世界はどのように知覚されうるのか」禅僧の方や認知学者たちを招いて考えます。

NewsPicks公式より

ゲスト

ゲストの方は下記の通り

山下良道(鎌倉一法庵住職、ワンダルマ仏僧)
ネルケ無方(禅僧、安泰寺 堂頭)
平原憲通(慶応義塾大学医学部医療政策・管理学教室助教)

山下先生は、「仏教3.0」ということをおっしゃっており、
これはつまり、日本古来の大乗仏教を1.0とし、ミャンマーやタイ、ラオスの南方仏教を2.0としたときに、それぞれの良いところをミックスし、問題点を解決したのが、3.0ということです。

ネルケ先生は、ドイツで生まれたドイツ人です。
もともと、キリスト教の学校にかよっていましたが、そこで禅を出会い(ご本人は騙されたとおっしゃっていましたが…)日本で活動をしていらっしゃいます。山下先生とは、同じお寺で修行をした仲だそうです。

平原氏は、認知心理学が専門ながら、仏教についても造詣が深く、その観点からお話をしていただけます。
(が、上記で紹介した無料のダイジェスト版ですと、あまりお話が入っていません…)

要約

ゲストの方のお話をまとめます。

実際に話した順番通りにまとめますので、より動画の内容が理解しやすくなると思います。

山下先生 マインドフルネスは世界を外側からみること

心になにか苦しみがある
→これをどうするか? 身体にかえっていく。
具体的には、全ての物事に対して評価をくださない。判断しない。あるものを受け入れる。
(南方仏教由来のマインドフルネス、こういう考え方自体はここ20年くらいで日本に入ってきた。)

しかし、これはできない。
なぜなら人はそういう風にはできていない。

そのため、見方を変える。
自分がこの世界のうちからみるのではなく、外側から見る。
(ゴジラの活動している世界で生きるか、ゴジラが暴れている世界を外側から見るか)

内側から見ると、ゴジラは恐ろしい。なぜなら自分に危害を加えるものだから。
しかし、外側からみれば怖くない。なぜならそれは映画の中のゴジラと同じことだから。
この考え方自体こそ、仏教の本質とも結びつく。
煩悩を止めることではなく、煩悩を外側からみる。

Weekly Ochiaiのお話より引用

心に煩悩という苦しみがあるが、
ここから解放されるためには、それを考えることをやめようとするのではなく、
高次の外側から見るのが大切だということです。

ネルケ先生 マインドフルネスの定義&目的~

(ネルケ先生のテーマが動画内だとよくみえませんでしたので、定義&目的に続く言葉が不明です。)

山下先生と自分の考えは結構違う。

マインドフルネスは、昔から日本にあったが再度海外から来ただけのもの。
なぜ今更、という感じ。

元々仏教であったものじゃないか。
要は、自分が今していることに気づくこと。

マインドフルネスの定義とは?
ある人は心を落ち着かせるためにマインドフルネスをする。
ある人は集中力を高めるために
ある人は覚醒するために。
これは同じようなことのように思えるが、実は全然違うこと。
鎌倉時代には、天台宗では実はこの細かい方法論は議論されていた。
しかし、道元が理屈はいいからとにかく座ろうとはじめたのが禅。

マインドフルネスは、雑念を忘れて、呼吸に集中することがを定義とするが、
実はその呼吸に集中している自分に気づくことも大切。
とにかく集中することが大切だと教える人もおり、要は定義がまちまち。

より大きな問題点は目的もまちまちだということ。
凡夫のゲームをよりうまくやろうとするような目的が多い。
(仕事で成果を出すために、集中力をつけたい。そのためにマインドフルネスを行う。)
これは、ハムスターが走り車の中で、より早く走ろうとするのと同じこと。
これが、今はやりのマインドフルネスのほとんど、
凡夫のゲームを降りるのが目的のはずなのに…

山下先生の外から世界を見るという見方もすでに、しょせんこの世のもの。

Weekly Ochiaiのお話より引用

このお2人のお話からしてみてわかることが、
マインドフルネスという言葉ひとつとってみても、その定義から目的まであいまいだということです。

山下先生は、もともとは日本になく、
ここ20年で入ってきた南方仏教由来のものだとおっしゃっています。

かたやネルケ先生は、
マインドフルネスはもとから日本にあったものだし、なぜ今更日本でも流行るのかわからない。
また、結局は何か俗な目的でやる場合がほとんど、だということをおっしゃっています。

これについては、
優良版のフル尺動画をみると、どういうことか少しづつわかるようになってきます。

要は、上澄みだけをすくった「ビジネス禅」「ビジネスマインドフルネス」
(集中力向上)(仕事で成果をだす)

より高次なマインドフルネスがあり、
メジャーなものが、現状は前者となっていることが問題のようです。

今なら、無料でプレミアム会員がトライでき、
本動画もフル尺で見ることができるため、興味のある方はぜひ試してみてください!

番組のフル視聴はこちらから ▶️https://bit.ly/2L4Ht3m
10日間無料トライアルはこちらから https://bit.ly/39ZHaRr

コメント

タイトルとURLをコピーしました